修理や掃除をスムーズに行うために知っておきたいこと

安全な家を目指して

安全に家で過ごすために

高齢になってくると、どうしても足腰の力が弱くなってきがちです。そのため、これまではスムーズに移動することができていた階段でも、ふらついてしまったり、移動に時間が掛かることがあります。その際に、安全に移動したいのならば、支えとなる手すりがあると便利なものです。しかし、自宅の階段等に手すりがない場合には、どうしたらよいのか頭を悩ませている方も多いでしょう。そんな時には専門業者に手すりの取り付けを依頼してみることをオススメします。お手頃な価格で自宅の必要な場所に手すりを取り付けてくれるため、より快適に階段を上り下りすることができます。近年ではバリアフリーの家にリフォームする時に、手すりの取り付けも利用する方が増えてきています。

手すり取り付けをしてもらうには

自宅の階段に手すりを取り付けてもらうには、まずどのような構造になっているかをチェックしておくことが大切です。階段の両脇の壁がどのような素材でできているかによって、取り付けやすさが変わります。一般的な木材の場合には簡単に取り付けることができますが、土壁やコンクリート等の場合には専用の処置が必要になります。また、まっすぐの階段の場合には手すりが一本だけで済むケースが多いものですが、途中で折れ曲がっている階段の時には特殊な手すりが必要になるケースがあります。行程が難しくなるほど価格が高くなる傾向があるため、事前に専門業者としっかりと見積相談をしておくことで、安心して依頼することができるようになります。

↑ PAGE TOP